Skip to content

音楽専門学校で何を学びたいのか。

音楽に関わるものについて学べる音楽専門学校は多数ありますが、それぞれに特徴があります。まずは自分が何を学びたいのか明確な目標や目的を持って学校選びをすることが大切です。専門学校は文字通り専門的に学ぶところですから、安易な気持ちや詳細をよく調べずに入学して、中退する人も少なくありません。音楽と一言でいっても音楽専門学校によって勉強する内容、将来へつながる職業は全く違います。

大まかに2つに分けるのであれば、音楽を作るのか音楽をやるのか。また作るのならどんなジャンルを作るのか、音符を並べるのか、詩を書きたいのか、音楽する人をプロデュースしたいのか。やるのなら、音楽を奏でるのか歌うのか、体を使って表現するのか、どんな方法で表現したいのか。それぞれ勉強法は変わってきます。

将来に向けても、音楽は趣味にするのか、プロデュースしたいのか、メディアに出たいのか、舞台に立ちたいのか。目標に近い、活躍している先輩を多く輩出している学校を選ぶことも一つの方法です。講師がどんな人がいるか調べることも、その学校の勉強内容を知るには大切です。音楽は表現するものであり、知識だけ増やしても魅力が出るものでもありません。

自分の魅力、経験、感性などあらゆるものを磨くためにも、刺激を受けながらものびのび楽しく自分を表現できる環境や仲間、先生と出会いを大切にしなければなりません。ネットなどだけで内容を見るだけではなく、実際に音楽専門学校を見学にいって雰囲気や空気を肌で感じてみることをお勧めします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です