Skip to content

音楽専門学校の設備で注目すること

音楽にかかわる仕事がしたいと考えて、音楽専門学校に通う場合、作曲、歌、楽器、録音技法などを学びたいと考えている際に、施設について注目しておくべき点が大きく分けて3点ほどあります。まず、パソコンやソフトウェアがどうなっているかです。数年に一度、ソフトウェアが新しくなるということがありますが、それに対応できているかどうか、また、プロが使っているような内容とそん色がないかどうかについて注目しておくと良いです。次に、使われている機材は、現場に近いものであるかどうかということです。

これは、あまりにも古いものだと実際に仕事をするようになってから慣れるのに大変になるため、こうした点に気を使っているかどうかを音楽専門学校に見学などで行った際に必ず確認をしておくと良いです。最後に、防音などがしっかりしているかということです。これがしっかりしていないと、練習時間などに制限がかかってしまうため、楽器や歌に関わる人にとっては、致命的な欠点になってしまう可能性があるからです。スタジオを借りる場合にはお金がかかってしまうため、極力学校内で練習ができるようにしていくと、金銭的な面での節約ができるので、こうした点についても抜け目なく調べておきましょう。

これらのことに気を付けた上で、どの音楽専門学校に通うべきかということを絞っていきましょう。疑問点が残らないように、説明会などに顔を出すようにして質問をしていくようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です