Skip to content

保育士専門学校を選ぶと良い人はどんな人か

保育士の専門学校は、指定保育士養成施設であれば、卒業すると同時に資格を取得することができます。したがって、確実に資格が欲しい方におすすめです。資格試験を受けて合格しても資格を取ることはできますが、この試験はなかなかの難関です。実技試験もありますが、実技は独学で学ぶのは難しいので、結局は通信講座等を頼ることになります。

そうなると決して安くなるわけではありませんし、直接指導が受けられない通信講座ではやはり限界があり、一発で合格することができるとも限りません。そのため、短期間で確実に資格が欲しいなら、専門学校はおすすめです。保育士の専門学校には、俗にいう指定校と併修校があります。指定校は、指定保育士養成施設と幼稚園教員養成機関となっていて、卒業すると両方の資格がとれます。

併修校は、指定保育士養成施設とはなっていても、幼稚園教員養成機関とはなっていません。そのため、卒業と同時に両方の資格は取ることができません。しかし、短期大学と提携して、カリキュラムに幼稚園教員養成機関となっている短期大学の通信課程を組み込んで、それにより両方の資格が取れるとしているところも多くなっています。併修校は両方の学校を卒業する必要がありますし、入学金等の手続きを別々に行わなければならないこともあるなどやや面倒ではあります。

しかし、卒業するときに両方の資格を取得することができるだけではなく、短期大学卒業の資格も取れるというメリットがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です