Skip to content

保育士養成の専門学校で資格が取れる

保育士として働くためには資格が必要になります。これは国家資格であり、受験資格は広く開かれているため、門戸は広いので取得の可能性は多くの人にあります。しかし、合格率は低いので、簡単に受かることができないのもまた事実です。一方、教育機関を卒業して資格を取るルートもあります。

専門学校や大学、短期大学等の指定保育士養成施設ならば、卒業すると資格が取れます。このうち専門学校ルートは、他の二者に比べて資金的に安く済むメリットがあります。教育機関は2年と短いため、密度は濃くなってしまうデメリットは有りますが、二年間分の学費で済むため、お金に余裕がない家庭でも比較的進学しやすいです。また、専門学校の保育士養成コースは、実習が多めで現場で働くのに必要な柔軟性が身に付けやすいです。

将来保育士として働くことをすでに決めているというなら、選択肢として悪くありません。専門学校の中には、厚生労働省の指定も受けていて、幼稚園教諭の資格が取れる学校もあります。また、指定されていないところであっても多くのところが短大と提携して通信課程を活用して、希望者は幼稚園教諭の資格を取得できるところもあります。さらに、指定保育士養成機関であっても、幼稚園教諭の資格のみを取りたいという人向けに、こちらも短大の通信課程を活用して勉強していくコースがあり、意外とコースは豊富です。

認定こども園など両方の資格が必要なところで働けるという点では、二つの資格を持っていた方が得です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です