Skip to content

保育士になるための専門学校

幼稚園の先生や保育士になるための機関として、専門学校や短大、大学などがあります。その中でも専門学校は学習内容の専門性の高さや実技の効率性などが魅力の学校となっています。幼稚園の先生になりたいなど、はっきり目標を持っている方にぴったりです。そんな保育士についての勉強ができる専門学校を選ぶ際に注意したいポイントがあります。

まずは厚生労働省指定校であるかどうかです。指定校であれば、卒業と同時に保育士登録に必要となる「保育士証」が取得できます。養成コースのある学校でも、厚生労働省指定校でない併修校と呼ばれる機関では通信教育を併せて学習する必要が出てきますので、出願の前にしっかりと確認しておきましょう。また、専門学校の特色、教育理論に関しても事前にリサーチしておくことをおすすめします。

専門学校は単純に知識を蓄えることが出来ればいい、というものではありません。実務重視の学校、臨床心理学の分野の学びに重きを置く学校など様々です。独自の教育理論や姿勢を強く打ち出しているところもありますので、自身が共感し納得いく学校を選びましょう。さらに注意したいポイントがあります。

卒業生が保育士として活躍しているかどうかです。伝統ある学校などは独自にパイプを持っていたり、どういった施設に強いかなど傾向があります。自身の思い描いている将来とできるだけマッチしていると思えるところを選ぶことは就職の際にミスマッチが起こりにくいということへ繋がります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です