Skip to content

保育士の専門学校に通うメリット

保育士の専門学校を卒業すると、就職するために必要な国家資格を取得することができます。このような養成学校に通わなくても試験を受けて資格を取得すれば保育の仕事をするのは可能ですが、試験の難易度は高く学校に通わずに試験に合格するのは簡単なことではありません。そのため高校を卒業後、勉強をして目指すのが保育士と決まっているなら卒業と同時に資格を取得できる専門学校などの養成学校に通うのが目標を達成する近道となります。4年制の大学や短期大学でも保育を学び、資格を取得することもできますが、保育士の専門学校なら保育のことを集中して学べるのが特徴です。

これらには文科省・厚労省の指定校と併修校の2種類がありますが、それぞれ資格の取得方法や取得できる資格に違いがあるので注意が必要です。文科省・厚労省指定の保育士の専門学校では、2年間学校に通い卒業時に幼稚園教諭2種免許状と登録資格も取得することができます。一方、併修校は2年から3年間通いながら短大等の通信教育を併修する必要があり、併修校を卒業しただけでは資格を取ることが出来ないという違いがあります。学校に通う目的が保育士だけなら専門学校は、文科省・厚労省指定の学校を選んだほうが必要なことを専門的に学べてスムーズでしょう。

そのほか学校を選ぶ際には、他にも学校の理念や校風、卒業時に取得できる資格の種類、保育園や幼稚園への卒業後の学生の進路や就職率などの実績なども考慮して選ぶとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です