Skip to content

大学ではなく保育士の専門学校という選択肢

保育士という仕事に就こうと思った場合、資格試験を受けることを多くの人が意識することになるでしょう。しかし、その試験を受けるまでにはどこかしらの学校で勉強をしつつ準備をするということがほとんどの場合必要になります。選択肢としては、大学や短期大学、専門学校などが挙げられます。この中で、保育士の専門学校を選ぶ場合に意識しておくべき点が3点ほどあります。

まず、私立の大学に4年間通うのに比べるとコストが低くて済むという点です。国からの補助金なども多くの大学で年々減ってきている現在、学費を意識せざるをえない状況であることはまず間違いがないでしょう。どの程度までなら予算を立てることができるのかということを事前に確認をしておくと良いです。次に、大学のように幅広く一般教養の勉強をする必要がないという点です。

これは、初めから何をやりたいかはっきりしている人にとっては大きなメリットがあることでしょう。あまり関係のない分野に触れる必要がないため、勉強を進めやすいのではないでしょうか。最後に、就職支援が大学と比べて充実している場合が多いという点です。大学の場合には、校風などによって差が開いていますが、専門学校の場合には就職率が売りにしています。

この点は忘れずにおきましょう。これらの点を意識した上で、保育士の専門学校という選択肢がどのようなものなのかということをよくよく検討した上で、進路を決めていくことが大切になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です