Skip to content

保育士になる為に選ぶ専門学校

保育士になる方法として最もポピュラーな方法は専門学校を卒業することだが、専門学校を選ぶ際に重要なポイントがあるので、理解して自分に合う学校を選びましょう。例えば多くの専門学校を2年制を導入していて、保育士も2年生が多いが、中には3年制を導入している学校もあります。一見すると2年制の学校の方が短期間で保育士になれるし、学費も安いがその分大変なことも多いです。そもそも保育士に必要な知識やスキルを2年間で学ぶには短いので、毎日の学業がかなり忙しい特徴があります。

また、2年制の学校に行くと2年生スタートと同時に就職活動がスタートする為、その準備は1年生の後半には始めなければなりません。そのことを理解していないと気持ちが追い付かない可能性があるので注意が必要です。反対に3年制は学費は高いものの、3年間かけてゆっくりと学べるので基礎知識をしっかりと身につけてから就職できます。また、就職活動の準備期間も長いので安心です。

次に専門学校には厚生労働大臣が指定する学校と指定していない学校があり、指定されていれば卒業と同時に資格も取得できるが、指定されていないと卒業しても資格の取得ができないので、厚生労働大臣が指定する通信制の短大などを同時に修業する必要があります。これも2つの学校を卒業するのは大変だが、他の勉強も同時に学べるので知識の幅が広がるし、短大の卒業資格も得ることができるので選ぶ人は多いです。他にも幼稚園教諭の資格も取得できる学校とそうでない学校もあり、どの学校が良いかは人それぞれ異なるので、自分に合う学校を探してください。大阪のエステ専門学校のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です