昨今ではスマートフォンでの動画編集アプリもあることからPCに触れることも減ってきたように感じられます。家庭用のPCでは動画編集が出来ないわけではありませんが、スムーズな動画制作にも最低限のスペックが必要です。PCのハードウェアが用途に対してどの程度必要かの判断はとても難しいです。家庭用であれば量販店等で店員さんと会話しながら購入した方も多いでしょう。

もしくは価格で購入された方もいるでしょう。スペックのレベルを便宜上下記の通りとします。・松動画制作や画像編集が可能・竹企業向けの仕事用としても代用が可能・梅インターネット閲覧やメール送受信のみがメイン多くの家庭用のPCでは梅であれば2段階のスペック向上が必要です。量販店で店員さんに今使用しているPCの型番などを伝えれば大体のスペックは調べてもらえますので2段階上のPCの購入をすれば動画制作がストレスなく行えるPCが入手できます。

竹での動画制作も難しいわけではありませんが、他のアプリケーションを複数起動しているとPCそのものの動作が不安定になる可能性が大いにあります。梅でも全く動作しないわけではないもののスムーズな操作は期待できません。スマートフォンが普及したことにより動画をSNSで公開したり自己表現としての一つの媒体であることは間違いありません。SNSで公開するだけであればスマートフォンだけでも事足りるでしょうが、自己表現として利用するならば動画制作が可能なPCの購入を検討することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です