アニメーションと実写のどちらを選びますか。動画制作をしたいと考えている人にとって最大の悩みではないでしょうか。大多数のかたが悩み抜いた結果、アニメーションを選択しているという現状になっています。何故アニメーションを選ぶ人が多いのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。アニメーションは表現に縛られることがなく演出する事が可能になっています。頭の中でイメージしている表現を自由に演出することが可能なのです。その反面、実写の場合は、限られた表現しかできませんがリアリティを出すことができて感情に訴えることが可能です。

アニメーションは動画制作の時間も構成や演出内容に関係なく一定時間で制作をする事ができます。実写の場合はロケが絡む場合がありますので許可を取る必要があったりして構成や演出の内容に応じて大きく変化します。費用もロケ地や構成、演出の内容やキャスティングで大きく変化するようです。アニメーションは構成や演出の内容に関係なく尺が決まっていますので費用もかかりません。

アニメーションはタレントと違って肖像権の管理等の必要が無いです。その点は実写の場合と比べると手間がかかりません。アニメーションの方が表現方法も自由でわかりやすく伝えられる事ができるのがポイントといっても良いでしょう。と言って必ずアニメーションの方が良いとはなりません。

良い、悪いというのは無いということなのです。動画制作をするときには目的をはっきりとさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です