一般的に動画の情報量は、テキストや写真よりも格段に多いですしその差は数千倍以上です。3分間の動画をウェブのページに置き換えると12ページに文も必要になります。これを読み終えるまで数十分の時間がかかりますし、現場の臨場感・雰囲気までを読み取るには限界もあるかもしれません。動画制作の場合は静止画や文字では表現しきれない、雰囲気・音や人の顔の表情に至るまでリアルに伝えることができます。

内容をわかりやすく短い時間で伝えることができるのは、動画制作では特に優れている面だと言えます。動画制作はウェブサイトに訪れているユーザーへ高確率でクリックしてもらえることがわかっていて、とりあえずクリックしてみた動画に興味のある情報があれば、そのまま視聴し続け再生時間に比例してサイトへの滞在時間も長くなるという仕組みです。文字のみのウェブサイトと比較をすると、滞在する時間は数倍も長くなります。動画を見終わった後は、ユーザーから何かの行動を起こすタイミングがあるのでそのアクションに向けて施策を行うことも可能です。

ホームページ・ブログ・SNSなど、たくさんの媒体で活用することができる動画は、デバイスが普及されるとともに手軽に持ち運ぶことも可能です。面白いと感じてもらえばすぐに誰でも共有することができるのもメリットです。企業側は動画制作で顧客へ安心感・親近感を持ってもらうことが目的ですし、新商品の紹介屋ブランドイメージをわかりやすく伝えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です