みなさんが勤める会社では動画制作を活用しているでしょうか。今の社会はネットやSNSの普及により、CMや交通広告といった、多額の予算をかけて多くの人に広く告知する手法は昔のような効果を発揮しにくい世の中になっています。そこで注目されているのが動画制作で、ターゲットや企業ごとのニーズや必要に応じて効率的に広報ができる方法として多くの企業で取り入れられています。動画制作は上手に活用することができれば、企業のブランドイメージ向上に非常に大きな力を発揮します。

会社のホームページに自社を紹介する動画を置いている企業は既に少なくありませんが、これをSNS上で広告として流せば、利用者の多い若者を中心に特定のターゲットへ配信することができます。商品の展示会等のイベント、あるいはプレゼンの場で流せば、資料や口頭で説明するよりずっとわかりやすく会社のことを顧客に伝えられます。会社説明会等で学生の視線を集める目的でも使用することができるでしょう。このように動画制作には様々なメリットと活用方法があり、多くの企業で広報の一般的な手法となりつつあります。

冒頭に書いたように、CMや交通広告には多額の予算がかかり、その多くは広告を打つための枠を獲得するための投資になります。どれだけ効果が出るかもわからない広告にお金をかける時代は終わり、必要に応じて効率的な広報をして費用対効果を高めていくこれからの時代において、動画制作は当たり前の方法としてさらに広まっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です