動画制作を楽しくする方法は意外性にあるといって良いかも知れません。人が楽しいと思う時はどんな時かというと、意外な事があった時で、それが自分がそれまでイメージをしていなかったというような映像で会った時に面白いというような感情をいだくことになるという事を考えておく必要があります。動画制作で多くの人に見てもらう事が出来るようにするためには、この意外性という事を考えて動画制作をしていくと良いかもしれません。この意外性というのは程度があるので注意をしておく必要があります。

例えば同じ意外性でも全く無関係のものが出てきて意味が分からないという事になれば、これは以外ではあっても面白いという事にはなりません。それまでのストーリーと関係性がありながら、そうした方向性に行くのかというような意外性が一番視聴者が見ていて楽しいと感じられるものだといって良いかも知れない。その為、動画制作をする人はある意味ではエンターテイメントの考案者だと考えても良いかも知れません。ここでは普通の人はこのように想像すると思われるけれども、そこを変えて関連性はあるけれども全く違う方向で映像を作成するという事をするわけです。

そうなると視聴者はこれは面白いというように感じる事が出来る訳で、ここに動画制作の妙味があるといって良いかも知れません。これは動画を作っている人の一番の楽しみといって良いかも知れません。ここで笑わせるという事を考えながら制作しているとついつい笑みがこぼれることもしばしばです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です