動画配信のSNSが全世界に普及していくのに伴い、企業がこれに動画を投稿することも増えてきました。企業の広告や広報というと従来はCMや交通広告といった大規模な告知が一般的でしたが、ニーズや場面に合わせた動画制作により効率的な広報をすることを重要視している企業が増えてきているのです。動画制作のメリットはシーンに応じた活用に見出すことができます。例えば取引先へのプレゼンやコンペの冒頭に会社紹介の動画を流せば、相手はあなたの会社の方針やイメージを視覚的に理解することができます。

若者向けの新商品を紹介する動画なら、SNSでは10代や20代の人が利用する時間帯を狙って流すことも可能です。また若い社員や新卒社員のインタビュー動画を制作して、会社説明会などで流すのはどうでしょう。就活中の学生が企業に寄せる関心が高まることを期待できます。このように動画制作には様々な利点があり、活用の幅が広いことが特徴です。

CMや交通広告であれば一度制作してしまったら終わりであり、何より広告を出すための枠を獲得するのに多額の予算がかかります。小規模な動画制作であれば代理店等に依頼しても比較的少額で済むケースも多く、その活用方法自体は企業の自由なので長く何度でも使用することができます。大々的に多くの人に向けて宣伝するより、ターゲットを絞って効率よく必要な告知をする。ネットやSNSが普及した現代においては動画制作のような広報の手法が一般的になりつつあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です